低血圧を改善して健康的な身体を手に入れよう

女の人

食事から見直しましょう

落ち込む女性

症状が似ています

低血圧とは、正常値より血圧が大きく下がっている状態のことを言います。一般的に高血圧の方が、よく病気を招きやすいと言われていて、あまりなじみが薄いかもしれません。しかし、低血圧はさまざまなつらい症状があります。貧血や自律神経失調症、うつ病などにも症状が似ているためよく間違えられることがあります。まず、低血圧の人は朝に弱いというのは、昔から言われています。他に頭痛やめまい、肩こりや動悸や息切れ、疲労感が抜けなかったり体がだるかったり、また食欲がなかったり冷え性であったり吐き気もある場合もあります。このような症状が、他の病気の症状とよく似ているのです。低血圧や貧血、あるいは自律神経失調症は、原因がそれぞれ違うので勘違いしないように注意しましょう。

予防や改善をしましょう

貧血は、赤血球野中のヘモグロビンの数が減少している状態のことを言います。若い女性に多く、ほとんどが鉄分不足から引き起こされます。低血圧とは血圧が低くなり、体の中で血液を送る圧力が弱まっているために起こります。自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが悪くなって引き起こされる病気です。 それでは低血圧を予防、あるいは改善するためにはどのような方法があるのでしょうか。まずは食生活から見直しましょう。冷たい食べ物や甘い食べ物を食べ過ぎたりしてませんか。糖分は体を冷やしますので、できるだけ避けて温かい食べ物を食べるようにしましょう。ダイエットも避けましょう。ただ、食べたら良いのではなく、栄養バランスをしっかり考えた食事をしましょう。普段の食生活で、低血圧を予防することは可能です。

Copyright© 2016 低血圧を改善して健康的な身体を手に入れようAll Rights Reserved.